• ホーム
  • ハウスダストに効果的な抗アレルギー薬と厚生省の対策

ハウスダストに効果的な抗アレルギー薬と厚生省の対策

水を飲んでいる女性

ハウスダストは一般的にはどの家庭にも存在しているのですが、アレルギー反応が起きてしまう人がいる場合にはホコリを丁寧に掃除機などで吸い取ることが重要で、風などによって舞い上がることで喘息などの原因になるので、布団などに掃除機をかけるときはなるべく静かに行う必要があります。
ハウスダストはダニの糞なども含んでいるので、アレルギーのパッチテストなどを行うとダニアレルギーとハウスダストアレルギーが同時に検出されることも多いので、抗アレルギー薬などを服用して治療をする必要があります。
厚生省では食品アレルギーなどに対する相談センターを開設していて、電話やメールなどで相談をすることができます。
また厚生省のガイドラインに従って食物アレルギーなどのセルフケアなどをすることができるので厚生省の公式サイトなどを参考にしてアレルギー対策をすることができます。

抗アレルギー薬は一般的に眠気がひどいとされてきたのですが、第二世代の抗ヒスタミン剤が処方されるようになってからは、眠気などの副作用がほとんどなくなったので、仕事中にも安心して服用することができるようになりました。
新しいタイプの抗アレルギー薬は副作用は少ないのですが、眠気が強いという印象があるので、実際には眠気を感じることがないにもかかわらず眠くなってしまう場合もあります。
また症状が鼻などに限定されている場合には点鼻薬タイプの抗アレルギー薬を用いることで副作用を少なくすることができるので、眠くなることでリスクがある場合には直接作用するタイプの薬を粘膜や皮膚に直接塗布することが必要になります。
抗アレルギー薬はドラッグストアなどで購入できるものもありますが、薬剤師の説明を受けなければ購入できない第1類医薬品です。