• ホーム
  • 抗アレルギー薬と免疫遺伝学による里芋アレルギー研究

抗アレルギー薬と免疫遺伝学による里芋アレルギー研究

抗アレルギー薬は脳内物質のヒスタミンの分泌を抑制することができるので、全身のアレルギー反応に効果があるのですが、鼻炎薬のように鼻の粘膜などにピンポイントでスプレーする場合には局所的な効果しかありません。
患部に直接噴霧することで副作用のリスクを減らすことができるので、眠気や集中力の欠如などを防ぐことができます。
抗アレルギー薬は免疫遺伝学などによる研究によって開発されているのですが、様々な抗体に関して研究が進められているので、免疫遺伝学の研究成果によって新しいタイプの抗アレルギー薬が開発される可能性もあります。
人間の遺伝子を調べることによってアレルギー反応が起きる人と起きにくい人の遺伝子的な違いを知ることができるので、これらのデータを蓄積することで免疫遺伝学が進歩していきます。

里芋によるアレルギーは一般的には手の表面に突起の付いている細胞が付着することで起きるのですが、酢を手の表面に塗ってから皮をむくことで里芋による炎症を抑えることができます。
酸性の液体が手の表面に付着していると里芋のかゆみ成分が変化をして原因物質が消失することでアレルギー反応がなくなります。
炎症がひどい場合には軟膏タイプの抗アレルギー薬を塗ることで痒みや炎症を治療することができますが、かぶれている場合には内服薬の抗アレルギー薬を服用することで症状を軽減することができます。
里芋などを調理した時の痒みはヒスタミンによるものなので、抗ヒスタミン剤によって改善することができます。

症状がひどい場合には皮膚科などを受診して軟膏タイプの抗ヒスタミン剤などを処方してもらうと短時間で症状を治すことができます。
また食べた時に口の中が痒くなった場合には内服タイプの抗アレルギー薬を服用しなければなりません。