• ホーム
  • 鼻炎の抗アレルギー薬とビールの関係

鼻炎の抗アレルギー薬とビールの関係

薬を持っている人

これまでも、さまざまな病気とアルコールとの関係はよく話題に上ってきたものです。
つまり、何らかの病気を患っている人を含め私たち全ては、アルコールと上手に付き合っていくことが非常に大切なのです。
もし、この点で付き合い方を間違えてしまうと、病気を引き起こしたり悪化させてしまったりすることがあるからです。

たとえば、鼻炎に悩む人で抗アレルギー薬を服用しているような場合、最善なのは、ビールを含め一切のアルコールを避けるということです。
もちろんアレルギー性鼻炎に限らず、他の幾つかの病気にかかっている場合も同様です。
そのような場合は、ビールのようなアルコール度数の低いものでも避けるのがよいでしょう。
その病気の中には、花粉症やメニエール病、中耳炎、さらには咽頭喉頭炎といった病気を挙げることができます。
これらの病気を患っているなら、まず禁酒をすることが鉄則であると言われています。

また、鼻炎を含め、ある種の病気にかかっている人がアルコールを避けるべき理由の一つは、アルコールを飲むことによって今起きている炎症そのものが悪化してしまうことがあるからです。
もう一つの理由は、アルコールと抗アレルギー薬との組み合わせは決して良いものではなく、かえって悪い結果を招くという点です。
仮に、鼻炎や花粉症の症状を抑えるために抗アレルギー薬を飲む際にアルコールと一緒に飲んだりすると、悪酔いする結果になるという報告も出されています。
また、せっかくの抗アレルギー薬が効かないということさえあるでしょう。
鼻炎や花粉症などの治療中で、なおかつ抗アレルギー薬を服用している場合には、医師の指示に従ってビールを含む一切のアルコールを避けるようにしましょう。